新アクリル塗料「アクリジョン」レビュー

はてさてGSIクレオスよりアクリジョンなる水性塗料が発売されまして、いよいよ持って日本の模型世界においてもアクリル系への大きなシフトが発生するのかな、などという淡い期待を持ちつつも、しかし人々はラッカー系の技術の大多数が...

エナメル上にラッカークリア

さて、エナメル塗料たるハンブロールをメインの塗料にしていると、色々と日本で一般的に行われてる技法に制限がかかったりする言が御座いまして。そのうちの一つはラッカークリアの扱いってもんでございます。というのも、本質的にラッカ...

フィギュアを初めて塗ってみたいという人に何を薦めるべきか

駄文でござる。今回のエントリに関して言えば完全な駄文でござる。それでも良いなら是非読んで頂きたい。最近ちと考えてる事で御座いますので。ただ纏めようと思って書いてる事じゃないので許してね。しっちゃかめっちゃかよ。 ワ...

ホーネットの価値+フィギュアヘッド談義+The First Squad

何やら昨今のホーネットの新作(PMMS/魚拓)は顔が変わったね。なんというか、あの均整の取れたデフォルメからは大きく逸脱してしまった感じ。旧ホーネットの持っていた良さ、というのは、誇張を廃したわけでもなくかといってその誇...

カラーモジュレーション技法についての考察

この考察を書いている間に大分状況が変わってしまい、この技法自体への認知が広まってきている上、カラーモジュレーション技法を取り巻く状況も変化してきているのでこのエントリは話半分程度に受け取って下さいませ。何せ一年近く塩漬け...

マシーネラーとディストピア

先日知人(古くからのマシーネラー =A)と話している時に、「fgってマシーネンだらけだよね」という話から「最近のマシーネンってどうも排他的/閉塞的/画一的だよね」という話になり、「スケールモデラー的視点で見るとマシーネン...

模型がリアルであるという事(1)

今回も考察話。例によって一切の科学的根拠があるわけではなく、頭に浮かんだ物を書き留めているだけなのでおかしな所があっても気にしないで下さい。あるいはおかしい所をコメントでご指摘下さると大変有り難く思います。特に今回は妙に...

Shoulder-Strap Insigniaについて

前回のエントリで良くわからないと言っていたShoulder-Strap Insignia、何となくどういう物だかわかって来たので備忘録兼補足的にメモをしておく。あくまで何となくであり本当の所どうなのかは良くわからないんだ...

肌色考察

いつぞやのメット話に続きまたも備忘録。模型を作れる環境に無いから理論をコネているような状況。古代ギリシャ人が哲学を産んだ状況に近い、とか言ったらプラトンとかアリストテレスにしばき倒されそうね。 そんなわけで唐突に肌色考...

ハンブロールのススメ

この頃はボークスが正式に代理店となったお陰で、ファレホの勢力がゴリゴリ拡大していて良い感じ。fg (fgタグ検索”ファレホ”)でもファレホを使っている人はかなり増えていて、一時の如く際物扱いされる事なんかはもう無さそう。...

メットにまつわるエトセトラ。

ウクライナ語の試験が迫っているのに単語が全然頭に入らなくてアワワワ。英語の勉強の時はもうちょっとまともに単語が憶えられていたような気がしているんだけどなぁ。それはそうとtwitter始めました。あんまり模型等に関係のない...