Vallejoでのストッキング塗装

手前一応雑食モデラーを名乗っておりますが、メインはどうしてもAFVかフィギュアか飛行機で少し下った所に船、かなり下がってキャラ物という優先度の付け方をしております。が、とは言え、ワンフェスではたらふくキャラ物のフィギュア...

モデルカステン JK-01 「さやか先輩」 -1

手前は過去に色々あった関係で大日本絵画はアーマーモデリング誌とそれに奉ろう諸々に対して「余り好意的とは言えない」感情を抱いているのは間違いなく、又それに共なって何とは無しにそこと繋りが深いモデルカステン製品に対しても若干...

Knight Models KMV-008 “Ms.Marvel” -2

昨今突然の大雪に見舞われたるこの帝都東京で、しんしんと、と表現するにはいささか暴力的にも過ぎるような雪を眺めつつ、何くれとも無く机の上に転がる未完成のフィギュアを眺めておりましたら、何やら降りてくる物がありまして。もう数...

白服の塗装

フィギュアを塗ってても「あれは/これは苦手だな」と思う瞬間ってのがございまして。例えば迷彩を前にしたときの面倒が前に待ち受けてる感は中々に嫌なもんですし、ふだん塗らないような色でグラデーションかけにゃあならんときなんぞ苦...

低彩度塗装実験

社会人になって早くも約4週間近くが経ちまして、10月入社が一人、全社員の階層構造の最下層が一人、同期なんていないのが一人、昼休み静かにうどんを啜ることに安らぎを見出すのが一人、みんな併せてたった一人。(参考:白い勲章)そ...

ワンフェス2012夏レポート 2

さて、外に出れば熱風吹き荒び陽光肌を射るが如き日々が続く東京で、部屋にこもって文明の利器たるエアコンを頼りに模型と向かうような日々が続いております。行きたかった企業には全て落ち、就活を続けねばならないにも関わらず全くモチ...

ワンフェス2012夏レポート 1

そういや折角最終面接まで進んだ企業からは所謂お祈りのメールが参りまして、この夏の就活の失敗、言わばNNTが確定気味となって参りました。所詮海外の大学という別の文化にドップリ染まり、かつ成績も優秀とは言えないような人間は日...

[書評]Foundry Publications – “Foundry Miniatures Painting & Modelling Guide”

未だ自信を持って塗れる、と言えない物の一つに小スケールフィギュアっつうのがございまして。即ち1/35以下のスケールのフィギュア、特に言うのなら30mmクラスのフィギュアを塗れる気がしないわけで御座います。無論「塗った事が...

[キットレビュー]ZVEZDA “3628 German Paratroopers 1939-1942”

家も来まりそれなりに新生活を構築しはじめている今日この頃、皆様如何お過しでしょうか。カナダは寒い所の筈なのに気温が30度前後をウロウロしていて大変嫌な気分を味わっております。夕方は流石に20度前後まで下がるから過し易くは...

[書評]大日本絵画 – “ダイオラマパーフェクション―戦車模型情景製作完全読本”

前回のポストで入った更新数の増加など果たせぬままに、時は過ぎ去り早九月。即ち夏休みの終りであり、同時にこれが大学三年生と四年生の間にある夏休みである事を考えるに、これは同時に幼年期の終わりすら意味するのではないかと思って...

[キットレビュー]Miniart “35086 German Civilians”

Veni vidi vici. 来た、見た、勝った。このミニアートの新作は、あのミニアートの新作は何如なる意味においても素晴しいセットとしか形容の方法が無い代物で御座います。まだ8月だけれども、恐らく、まず今年度中にこの...

Knight Models KMV-008 “Ms.Marvel” -1

日本のヒストリカルフィギュアコミュニティが傍目にも明らかな程に停滞し硬直したような状態に陥っている事とは異なり、海外のヒストリカルフィギュアメーカーって奴は未だ大人の事情とジョークを綯い交ぜにしたような、それはそれは愉快...