大買い物

本日祖父の墓前に卒業の報告をして参りまして、その帰りに例によって例の如く秋葉原はイエローサブマリンに寄りまして。元々は先日発売されました、ライフカラーのモジュレーションセットを買おうかな、なんて事を考えていたわけでござい...

Military Modelling Collectors’ Edition Issue 14 “Euro Militaire 2011”

急激に気温が上がり始めたかと思えば雪が半日ぐらいで全部溶け、西部劇もかくやという程ホコリが飛び回るまでに乾燥してしまったここエドモントン。当然手前の体も影響を受け風邪気味も良い所で御座います。しょうがないのでビタミン剤を...

ホーネットの価値+フィギュアヘッド談義+The First Squad

何やら昨今のホーネットの新作(PMMS/魚拓)は顔が変わったね。なんというか、あの均整の取れたデフォルメからは大きく逸脱してしまった感じ。旧ホーネットの持っていた良さ、というのは、誇張を廃したわけでもなくかといってその誇...

[書評]Foundry Publications – “Foundry Miniatures Painting & Modelling Guide”

未だ自信を持って塗れる、と言えない物の一つに小スケールフィギュアっつうのがございまして。即ち1/35以下のスケールのフィギュア、特に言うのなら30mmクラスのフィギュアを塗れる気がしないわけで御座います。無論「塗った事が...

JC.LeyenDecker画集を購入

先日ニューヨークは眠らない街マンハッタンに、手前が高校一年生であった6年前に一度会ったきりながら、絶えず連絡を取り続けていたロシア人の友人を尋ねに行って参りまして、大変面白い経験を諸々して参りました。特に面白いのが、その...

[キットレビュー]Miniart “35086 German Civilians”

Veni vidi vici. 来た、見た、勝った。このミニアートの新作は、あのミニアートの新作は何如なる意味においても素晴しいセットとしか形容の方法が無い代物で御座います。まだ8月だけれども、恐らく、まず今年度中にこの...

[キットレビュー]DML “6656 Advance to Karkov 1942”

最近髪が伸びて参りまして、散髪に行かねば行かねばならないなと思いつつも、微妙に治安の宜しくないチャイナタウンの床屋に行くのも気が退ける。しからば散髪二回分で元の取れるバリカンをば自分で購入し、バリバリと己で刈ってしまうの...

[キットレビュー]Tristar 35012 “Russian Tank Crew”

最近放置気味だったtwitterメモをガッツリ追加しました。塗装、キット、そして新規でその他を追加。さて、今日は夏に写真だけ撮ってそのまま放置していた物が見つかったんで、更新する事とす。今更トライスターの初期キットかよ!...

[キットレビュー]Master Box 3563 “Counterattack”

メリークリスマス。山岳地帯標準時12月25日の夜にこの記事を書いております。もう更新が滞っているとかそういうレベルではなく、寧ろ季毎更新の香りすら漂ってくるこのブログ。饐えた匂いとかしてきそうね。まぁ更新してない間にノロ...

[キットレビュー]DML “6652 Ostfront Winter Combatants”

このブログの放置されてる事ときたら我ながら笑ってしまうやら切ないやら。というか更新のネタが無くは無いのにモチベーションが上がらない感じであります。いや、ダラダラ書いてるエントリが3つ4つあるこたあるんですがね。 さて、...

[キットレビュー]ZVEZDA “3627 German Infantry. Eastern Front Winter 1941-1942”

さて今回は、最近イケイケで新作を送り込んでくるロシアの老舗ズヴェズダの、新作フィギュアをレビュー。昨今成形技術の向上著しいズヴェズダが送り込んできたこのフィギュア、中々に素敵な物で御座います。 箱絵。以前取り上げた...

ワンフェス2010夏レポート 3

さあ随分日にちが経っているにも関わらずまだワンフェスレポートを書いているこの体たらく。仕事が早い人は羨ましゅうございます。とはいえ色々と模型は作っているんだけれども。さて、ワンフェスレポートの第三回で御座います。 ...

ワンフェス2010夏レポート 2

というわけでまさかの続きエントリ。基本的に長くなろうとも一エントリに纏めたがる癖が手前にはあるので、中々珍しい展開ではないかと。というわけでワンフェスレポートその2で御座います。 毎度非常にクオリティの高いフィギュア...