マシーネラーとディストピア

    先日知人(古くからのマシーネラー =A)と話している時に、「fgってマシーネンだらけだよね」という話から「最近のマシーネンってどうも排他的/閉塞的/画一的だよね」という話になり、「スケールモデラー的視点で見るとマシーネンってディストピア的だよね」なんて結論に達したのでその事について備忘録的に書いておく。

    そもそも、スケールモデルとは不自由を楽しむジャンルであると言える。例えるなら伝統芸能のような物で、厳然たるお作法(現実の実物に出来るだけ沿った物を作る事)が存在し、それに乗っ取った物を作る事が良しとされる世界。それは例えば戦車ではエッチングを使いプラスチックの限界を越えて現実のリアリティを再現する事であったり、飛行機で見えないエンジンのパイピングを鬼のように作り込む事であったり。

    対照的にマシーネンは一見自由に見える。それは塗装の自由度であったり、勝手なディティールアップの許容であったり。そこには何でも出来るかのような雰囲気が存在する。ただしその実マシーネン"的"でなくてはいけないという不文律が存在する。このマシーネン的という物は抽象的で、スケモのお作法と違って明らかではない。曲線を多用すればマシーネン的なのか。AFS(非SAFS)を見る限りそうではないだろう。

    一例としてはブリックワークスのお姉ちゃんフィギュアに対する一部の批判。「乳が大きすぎる」だとか「そんな美少女モデルみたいな物を有難がって」は、そのマシーネン的ではないと判断された結果であると考えられる。

    閉塞性/画一性の例としては、上の例とは逆にfgにおけるMa.K作例の女性フィギュアの使用頻度が上げられるのではないだろうか。とりあえず女性を作る。とりあえず女性を隣に立たせる。とりあえずS.A.F.Sの殻を割ってお姉ちゃん乗せる。他のチョイスは?親父を立たせてみるつもりは?女性の肌を緑に塗ってみる勇気は?未来に人間が同じ色である保証は?

    冬に古くからのマシーネラーである知人(B)と話をした時に、彼が曰く「昔は本当に自由だった」と。AもBも言っていた共通の内容として「一部の声がデカい人達がマシーネン的/非マシーネン的と叫んでいるが、本来そんな物はない」と。言い換えれば、現在は新参者(という区別はどうかと思うが)の中で声がデカい人達がマシーネン的という尺度を押し付けているのではないか。

    本来マシーネンとはスケールモデルと美少女フィギュア/キャラクターモデルの中間に立っていた物で、その許容度は本当に広く、お姉ちゃん寧ろドンと来い、的な世界であったとAもBも言った。同時に批判は手を動かして表現する物だったと。

    ある意味でとてつもなく窮屈なスケールモデルという社会から抜け出して、自由な新世界たるマシーネン世界にやって来たが、そこも上面こそ自由には見える物の中ではマシーネン的/非マシーネン的という別の不文律に縛られた社会だった。

    =実はマシーネン世界の方が、ジョージ・オーウェルの1984等に代表されるディストピア的で、よりマズい状況なのではないだろうか

    とかそんなお話。

    じゃあ、今日はここまで。


    人���������

    似たカテゴリーの投稿

    「マシーネラーとディストピア」への5件のフィードバック

    1. >同時に批判は手を動かして表現する物だったと。
      むしろ、批判ではなく「わたしならこうするが、諸兄はどう思うか」といった、
      “他の方向性の提示”が多かったと記憶します。
      「駄目だ」ではなく「この方が良いのでは?」もしくは「これが好きだ」
      この差は大きいと思われます。
      あの世とこの世の境目のバイストンウェル的空間がマシーネンだと思っているのですが、近ごろは地上人の流入やらでバランスを欠き始めた空間になっているのかも知れませんね。
      と、オタク臭い言い方をしてみる。

    2. マシーネンの世界設定が緩いのは、制作者に委ねる部分を多くして、制約が多いスケールモデルよりも、制作者の個性を出しやすいように、という意図があるんだと思うんですね。

      ただ、あまりに自由度が高いと、後から来る人が、取っ掛かりにくいという事で、雑誌の作例等で、ある程度の指針等は示しているものの、絶対的なものではないと思うんですが、何というかその決まりを絶対的なもの、として解釈してる人が目に付くなと。

      自分の中に、それより優位のものがあるならば、それを表現しても良いと思うし、そういう製作者の個性を見るのも、マシーネンの楽しみの一つだと思うんですが。
      無視してもかまわない決まりを絶対視して、それを乗り越えた人を批判するのは奇妙な事です。

      と、偉そうに書きましたが今回、予算が無くて買えなかった、ハセガワのエイに女性パイロットを乗せようとか考えていたりして(苦笑)

    3. @エインセル
      日本人的教条主義と言いますか、何かお手本を見せられると絶対的な物として考える悪い癖の発露ではないかと考えています。

      お姉ちゃんに関しても、別に否定したいわけではないんですよ。ただ、面白くないよね、と。猫も杓子もお姉ちゃん、ってのはマシーネンではないだろう、と。そう思っております。

      エイ、手前も欲しいんですよね。ただ置く場所が(笑)

    4. マシーネンの事は全く知りませんが。
      自由を求め、それまでの常識を否定し、新たな世界に目を向け飛び出すことで新ジャンルを構築しても、それが定着し大衆化すると結局、主流派、非主流派に分かれ新たな常識が生まれ、以前と同じように窮屈になってしまう。
      よくあることといえば、よくあることですね。

    5. @かず
      残念なるかな、よくある事なんですよね。
      ただやはりマシーネンというジャンルがそうなっていくのは少し悲しく感じたりします。
      勿論それは、手前が驚異的にジャンルが細分化された上に数々のお約束があるスケールモデラーだからなんでしょうが。
      マシーネン作ってみては如何でしょう?
      気楽に楽しめますよ。

    コメントは停止中です。