模型がリアルであるという事(1)

    今回も考察話。例によって一切の科学的根拠があるわけではなく、頭に浮かんだ物を書き留めているだけなのでおかしな所があっても気にしないで下さい。あるいはおかしい所をコメントでご指摘下さると大変有り難く思います。特に今回は妙に文章が纏まらないので御勘弁下さいませ。Kaz氏のblog:Jammo Vox内のポスト「雑記:アイコン(偶像)としての模型製作」が近い内容を鮮やかに纏めておられます。

    .

    たまに書いてるような気がするけども、模型的リアリズム現実的リアリズムの区別ってのがゴッチャになってる人が2ch辺りを見てると結構いらっしゃるように見受けられてしょうがない。その辺りについてのお話。

    さて、完成品に対する褒め言葉としてや、キットの出来の良さの指標として使われる事の多い「リアル」という言葉。どうもこいつには2種類あるんじゃないかと思っているわけです。

    一つは文字通り現実的なリアル実物の寸分違わぬ縮小物としての模型としては最高の賛辞だね。そしてもう一つは模型としてのリアル。言い替えれば「らしさ」って言葉を使うのが適当かもしれない。

    問題なのは、特に日本のモデラー達の意識の中でこの二つがごっちゃになっていそうな所。実物の縮小物としての非リアルは、模型的リアルを否定する事とは全くイコールではないんじゃないかと。言い換えれば、実物の縮小物としてはまったくデタラメであろうとも、作品を見た人間にリアルである、と感じさせる事は全く可能であり、スケールモデルの作品とはまずそうあるべきではないかと思うんだよね。

    例えば、フィギュアの顔を塗るという事。これは本当に非リアルの極致と言っても良いかもしれない行為と取れるのではないかと考えてみる。鏡を見ても自分の放齢線と頬とで皮膚の色は同じでしょう?そこにあえて違う色をシャドウ/ハイライトとして乗せる。当然塗り上がった顔は現実の色見とは到底似ても似つかない程コントラストの強い物になる。これを非リアルと呼ばずして何と呼ぶのか。わざわざ当時のドイツ軍のカラーチップまで探して色を作ってるモデラー達が、実物と似ても似つかぬ色を塗っている。しかし結果的にその非リアルな技法によって非リアルに仕上げられた塗装の物が、リアルであると呼ばれる。これはつまり、現実的には非リアルであろうとも、模型的リアルの文法に沿っているならばそれはリアルな作品として評価されるという事を端的に示しているのではないのかな、と思う。

    妙に長くなりそうなので一旦切ります。続きは後日。

    じゃあ、今日はここまで。


    人���������

    似たカテゴリーの投稿

    「模型がリアルであるという事(1)」への3件のフィードバック

    1. fgの方で小=>大、大=>小どちらの方が良いかという問いかけをされておりましたが、この何がリアルかという問題に通じる物がございますね。
      現物からスケールが小さくなるにつれ、具体性が失われていき、細部が省かれどんどん抽象化していく。
      例えば、1/9や1/12サイズではコントラストと言うより、より現実に近い肌の色合いや、質感が重視されると思いますが、私の塗っているような1/32からもっと小さい28mm,25mmまで行ってしまうと、抽象化された細部にリアル感(存在感)をだすには過剰とも言えるコントラストやデフォルメされた造形、色遣いが必要不可欠になってきます。
      ですので、何を持ってリアルかというのはスケール依存の要素が多いんだろうと思います。
      恐らくこの1/32とか1/35というのはちょうど具体性(現実的リアル)と抽象性(模型的リアル)がバランスを取っている境目なのではないか、そのため何を持ってリアルとするかで両者の食い違いが起きやすいのではないかと思います。

    2. 作った模型がリアルに見えるか、これはジャンルに限らず、何時も悩みます。
      スケール物等、現物が存在するものはディティール等を忠実に再現すればリアルに見えるかというと、そうではないですし。

      車やバイクなんかで、実車に使われてる色をそのまま模型に使っても、実車と同じようには見えなかったりとか、ウルトラマンやゴジラの着ぐるみのチャックなんかのディティールまで忠実に再現したものが、劇中の印象とは違うなあと感じたりとか。

      そういう事から考えると、リアルさを感じさせるというのは、実物や資料を正確に表現する事以外にも、重要な所があるんじゃないかと思います。
      資料の忠実な再現以外に、塗装なんかのビジュアル的な所で誇張なんかを加えて、模型として見た場合の密度を高めるような必要があって、その加味具合がうまくいくとリアルに見えるのかなあと。
      この加味具合が製作者の創造力に委ねられる所で、そこがセンスというものなんでしょうね。

      自分の作品がこういう事を実現できてるか?というと正直、自信が無い(苦笑)んですが、見る人にリアルさを感じさせる作品を作りたいなあ、とは毎回、思って制作してます。

    3. @かず

      仰る通りで御座います。恐らく自分が大スケールを専門に扱っていたなら疑問を持つ事もなかったのでしょう。逆にウォーハンマーのような、所謂宝石塗りのように現実を高度に抽象化する技法の確立された物をメインにしていても悩まなかったでしょう。その意味では1/35~1/32特有の現象と言いますか、この微妙なスケールの内包する問題なのでしょう。尤も、それこそがこのスケールの面白さだとは思うのですが。

      @エインセル

      仰っております通り、100%ディティールを縮小しても”らしさ”が失なわれてしまい、逆に嘘臭く見えてしまうというのは中々に不思議な物です。そう、誇張がキモなんでしょうねぇ。
      恐らく思ってる通りのリアルが実現できたら、模型を作る面白さって大分失なわれるような気がします。

    コメントは停止中です。