肌色考察

    いつぞやのメット話に続きまたも備忘録。模型を作れる環境に無いから理論をコネているような状況。古代ギリシャ人が哲学を産んだ状況に近い、とか言ったらプラトンとかアリストテレスにしばき倒されそうね。

    そんなわけで唐突に肌色考察を開始したい。とてもしたい。何故ならフィギュアペインターの個性が最も強く出るのは肌色だろう、と思うから。勿論最初は色々と上手い人のレシピを参考にして始めるとは思うんだけれども、ある時点を境にやっぱりそれぞれの色っていうのが作られていると思うんだよね。勿論根拠なんてのは全くないので、科学的考察ではまったくない。反論異論、御座いましたらコメント欄へ御気軽にどうぞ。

    さてフィギュアペインターが作る「肌色」というのは、ざっくりした系統として大体2種類+その他の3種類に分けられるのでは無いか、と考えてみる。それも、特にベースとシャドウの色の落とし方に注目した時に。当然黒人を塗る時にはこの分類からはゴッソリ外れるだろうし、SF系のフィギュアを塗るなら緑の肌だってあるだろう。というわけで「白人」を塗る時、と限定して話を進めたい。

    1. 赤系 (いわゆる旧ユーロミリテール系、油絵の具使用者に多いような雰囲気。廃れ気味か?)
    2. 橙系 (平野義高氏系、恐らく現在のユーロミリテールの主流)
    3. その他独立系 (ロシア/北欧系モデラーに多い気がする)

    赤系でパっと頭に受かぶのは松岡氏かな?いや、でも氏の塗りはまた違うような気もするけども。これは鮮やかな赤系の色をシャドウに落とすタイプ。一時期ユーロ塗り、と言われた顔全体を紅い色調で纏める作風からのシフトの結果じゃないかなぁ。確かに白人の肌が紅潮した時の赤、というのは我々黄色人種の常識である”赤みが指す”というレベルではなく、正にピンク色というべき物か、スラヴ系/北欧系の肌の白い人間なら朱とでも言った方が近い色になる。なりはするけども一時の流行りであった全体を赤く落とす、という作風はやはり非リアル(unrealistic)だと判断された結果、ハイライトの赤系へのシフトを止めて赤系のシャドウが残っているんじゃないかと愚考。何となくこの系統は油絵の具の使用者に多いような偏見を持っている。多分油絵の具の色の透過性があるおかげで赤を鮮やかにグラデーションできるからじゃないかしら。逆にエナメル系統であるハンブロールの赤は不透明性が全体に高く(ハンブロール全体の特徴ではあるけども)、加えてハンブロールの赤系統色はあまり純粋な赤に近い色が無い。どれも若干濁った感じの赤(73:マットワイン/113:マットラスト/160:マットジャーマンカモフラージュレッドブラウン)か、あるいは強すぎる赤(19:グロスブライトレッド/20:グロスクリムゾン/60:マットスカーレット153:マットインシグニアレッド)かの二系統しかなく、緩やかな赤を表現するのは苦手。多分その当りの特性の近いからハンブロールで赤系統でガッツリやる人が少ないのじゃないかしら。

    対して橙系は平野氏が筆頭かなぁ。肌色/フレッシュと呼ばれる橙系の色で仕上げるのは。勿論その中でもそれぞれの好みに合わせて細かく差があって、橙と括ってもサーモンピンクに近いようなオレンジから本当に”肌色”のレベルまで色々あるのは間違いない。手前をおこがましくも何処かに分類するならココか。何時ぞやのMilitaly modellingのユーロミリテール特集号を見る限りでは現在のユーロの主流はコッチにシフトしているような印象を受けた。こちらは赤系統と違いアクリル/エナメル系統で仕上げてる人が多い印象。これはもう単純に塗料のバリエーションと特性による物の違いではないかな、と思う。例えばファレホ/アンレア系のアクリルであれば所謂”フレッシュ”というオレンジ系統の色を中心に最初からシャドウ/ハイライトがラインナップに存在する為、そこをとっかかりにするとこのオレンジ系になるのではないかな、と。又ハンブロールも黄色~肌色系として使用出来る色が非常に多い為、こっちの系統に流れている人が多い気が。日本で教育を受けた人なら無意識下に叩き込まれているであろう小学校の絵の具に入っているような”肌色”という意識のままで塗装のルーチンを構築できるから、特に日本で最近フィギュアペインティングを始めた人にとって取っ付きやすい、ってのもあるかもしれない。人の肌を塗る為の色として刷り込まれている色を使う事による安心感、とでも言うのかな。だって肌色って何色?って聞かれたらあのオレンジ系統の色思い浮かべるでしょう?間違っても赤系統の物じゃない。fgでざっくり「ミリタリーフィギュア」タグを検索するとこっちの系統が極端に多いのはやっぱりその辺りの影響もあるんじゃないかと愚考。

    そして独立系ってのはもう本当にその他、と括るしか。特にロシア系/北欧系モデラーなんかは影に黒を落とす事が多いような印象を受ける。それも暗い赤、とかじゃなくてもう本当に黒。それはCalvin Tanがやるような黒立ち上げ、というレベルじゃなくて、本当に生の黒をガスっと落とす感じ。ロシア/北欧の鈍い太陽光と、その下で生活する人々の彫りの深い顔という二要素が合わさって、黒を自然に見せているのかもしれない。勿論単純にフィギュアに力を入れていないが為の手抜きという可能性は全く否定できないんだけども。実際人種、というか住んでいる場所による色の見え方の違い/物事の色に対するステレオタイプってのは、あまり言われないけども間違いなく存在すると思うんだよね。例えばそれはラテン系モデラーが時に見せる、異常な迄に暖色にシフトしていながら尚ちゃんと色の差異が存在する色調であったりとか、東欧系のモデラーの土色を赤っぽい系統の色として捉えている事であったりとか。

    そんな事を考えながら他人のモデラーの作品を眺めてると面白いんじゃないかな、とふと思っただけでございます。

    じゃあ、今日はここまで。

    PS:ギリシャのPeriscopio Publishing発行の本を一冊イギリスのオンライン書店に注文してみた。届いたらまたレビュー載せます。


    人���������

    似たカテゴリーの投稿

    「肌色考察」への6件のフィードバック

    1. これは非常に参考になるお話です。
      あまり意識して塗ってなかったですが、やはり2番ですね。
      3番のロシア・東欧系の塗り方に興味があるのですが、これと言った物が見られるサイトなど教えて頂けませんでしょうか?

    2. @かず氏
      コメントありがとうございます。実はかず氏の作品を眺めていて思いついた部分も何箇所かあるんですよ。
      ロシア/北欧っぽい塗り方として頭に浮かんだのはТАНК社の塗装見本でしょうか。顔の最暗部に黒を流しているあの塗り方の。北欧モデラーの作品集であるNordic Edgeをご覧になっても見てとれるかと思います。

    3. 私など、海外の作品など見ても、色彩感覚が違うなあ位で、そこまで考えて見てないですね。
      ただ、1や3のような塗装でも、フィギュア単体で見た時には違和感を感じても、グランドワーク等を含めた作品全体で見ると、不自然には見えない場合も多いので、そういう作品全体の色調コントロールは大事だなと。
      とはいえ、自分で実際に制作する際には、そこまで気を配る事がなかなか出来ませんが(苦笑)

    4. @エインセル
      いや、正直色彩感覚だけ違う、ってのに気づいてれば↑みたいな長文は不必要かな、とも思うんです。ただ一応思い付いてしまったから書き留めておこうかな、と思った次第です。

      全体としての統一感が出てる作品は凄いですよねぇ。憧れてしまいます。全体の色調コントロールってのも難しいもんですが、狙っていかなきゃ駄目かもしれないと感じる時があります。

    5. いつも深い洞察、興味深く読ませて頂いてます。肌色の表現は一番色彩感覚が現れますよね。お国柄というのもあると思います。あとその国の美術的感性というか。ヨーロッパだと伝統的に美術の世界でも遠近感とか立体感を重視する色使いが多くて日本は浮世絵の時代から平面的な2Dが得意なんじゃないかなと。映画のアニメーションの世界でも2D的表現は日本は世界一ですし。そういう知らず知らず埋め込まれた感性ってあると思います。

      今月号(2010年02月号)のアーマーモデリングのフィギュア塗装の考察が関連していて興味深かったですね。様式派と写実派→使用する塗料による向き不向き、という考え方はcutnipperさんの言う塗料によるスタイルの傾向にも通じる考えだと思いました。

    6. >kaz氏
      深い考察と言って頂けると有り難いです。脳に浮かんだ物をタレ流しているだけですので、そう言って貰えると何とも助かります。

      お国柄ってのは、人が作る以上必ず反映される物だと思います。仰る通り西洋勢の執拗なまでの立体感の追求なんかも大分模型に反映されてるんじゃないでしょうか。

      塗料の向き不向きは間違いなくあるのではないかと信じています。ハンブロールという割とピーキーな塗料を使ってる為ではないかと自己考察をしたりもしているのですが。

      今号のAMはどうも評判が良いらしいので読みたくもあるのですが、元々アーマーが嫌いなのと国外にいるせいで友人に頼んでまで確保してもらう程の努力はしていません。アーマー嫌いなんだよなぁ。

    コメントは停止中です。