DML “6007 German Super Tank Maus” + “6116 PanzerMeyer”

    DML

    三日で完成。ドラゴンの6116より、クルト・マイヤー。
    今回はジオラマに使おうと思って、マイヤーというよりは寧ろ偵察部隊の士官として製作。
    武装のGew43はタミヤの武器セットから。

    プロボーションも部品の合いも、ドラゴンのキットの中では上物。
    ヘッドも掘りが深くて塗りやすい。
    ただ、コートを合わせ辛い。
    右前の部品と胴体との間に結構な隙間が。それはちょっとマイナスかなぁ。
    結局光硬化パテで埋めました。
    ついこの前プレミアムエディションが出たから、そっちなら更にモールドもシャープになってる筈。
    かなりお勧めできるセット。
    ★★★★☆(4)

    DML
    新しいキットを買う為にはキットを作らなければいけない状態を打破する為に、
    二つ積んであるマウスに手を出してみる。
    これは中古の物を買った方なので、とにかく合わない!モールドがヌルい!
    もう一箱の再生産Verではパリっとクリスピーな部品なのに。
    とにもかくにもポルシェ式サスペンションの製作の面倒臭さ。
    大変…。

    じゃあ、今日はここまで。


    人���������

    似たカテゴリーの投稿

    「DML “6007 German Super Tank Maus” + “6116 PanzerMeyer”」への3件のフィードバック

    1. cutnipperさん、はじめまして。
      Blog Modelersに所属している、Hoodと申します。

      私も2ヶ月ほど前、家に長らく積みっぱなしにしていた1/35マウス(ドラゴン 6007)を作りました。
      組み立てでは、脚回りがグタグタで厳しかったです。
      ここさえクリアしちゃえば、あとはスイスイ組みあがっていくと思います。

      でも、私は迷彩塗装があまり上手くいかず、ガッカリな出来上がりになってしまいました…。
      cutnipperさんのお作りになるマウスが、カッコよく仕上がることを楽しみにしております。

    2. こんばんは。
      クルトマイヤー、いいですねえ。
      帽子のラインの塗りわけなんて超絶じゃないですか。
      これが三日でできるとは、凄いなあ。

      ってHoodさん、奇遇ですね。

    3. >Hood氏
      こちらこそはじめまして。
      これからよろしくお願いします。

      足回り、面倒ですよね。
      もうヒケとバリは気にしない事にて組みました。

      迷彩は…あまり上手くないのですが、上手く行くように頑張ってみます。

      >おとしぶた氏
      ありがとうございます。
      帽子はザックリ黄色を塗った後に、
      必要な部分だけ残すように黒を置いていけば結構簡単ですよ。
      モチベーションさえ高ければ大抵の1/35フィギュアは3日で塗れます。

    コメントは停止中です。