あけおめことよろ

あけました。 今年もよろしくお願いします。

さて、前々から作っとるキューベルさんは、こんなんなりました。
Tamiya
Tamiya
Tamiya
石畳はプラスモデルの物。質感スゲェ。
そのままだとボロボロ崩れてくるのでラッカー系つや消しクリアで保護。

いや何で急いでたかっつうと友達への誕生日プレゼントだったわけです。
んで締め切りが1月5日。どうみてもまにあってません、本当にありがとうございます。ごめんよ友人Y.

最初はキットのヘッドそのままだったんけど、やっぱり流石に誕生日プレゼントでしかめ面もどうだろうと思ったのでホーネット投入。
あまりホーネットのヘッドは好きじゃないんだけれども、「笑い顔」とか状況を限定するとどうしてもコイツのお世話にならざるをえない。
なんだかなぁ。

雑誌のページめくってもめくっても「フィギュアのヘッドはホーネットに変更」とか書いてある状況ってどうなのよ。 馬鹿の一つ覚えみたいに出てくるフィギュアの顔が同じって。 ノルディックエッヂなんか酷かった。車両の工作もフィギュアの工作も塗装もシチュエーションも最高なのにページを捲っても捲ってもホーネット顔ばかり。カタログかと錯覚しそうでしたよ。
最近のフィギュアで雑誌に登場するもの、特にドラゴンとかトライスターならそれこそプラのヘッドでも十分に良い顔をしてるのに、まるでそれを金科玉条にしてるが如くホーネットを使い続けてるのは「ヘッドはホーネットにしました」って言いたいだけとちゃうんかと勘ぐってしまう事もしばしば。ホーネットにしとけば多少塗りが甘くてもモールドが綺麗だから大丈夫、とかそう考えているんじゃないかという頻出っぷり。納得いかねぇ。

閑話休題

ポーラーベア買いました。朝8時から組み立て初めて10時半には形になってる恐しさ。凄いキットだなぁ。Wave
気持ち足首の可動域が広がってるような?よりポーズが柔軟にとれるよ。

黒人フィギュアはふとした思いつきから眼帯を付けてみたり。
Flikrのコメントで「小林誠ワールドのよう」との評価を頂く。さもありなん。 
Wave

さて、そうこうしてる間にオリオンモデルズが大変な事になっているわけです。
結局、番頭さん達スタッフの方々が退職なさるそうで。
良い人達からいなくなっていくんだなぁ、と感じておるわけです。大兄しかり、番頭さん達しかり。
あの店長では、どれだけ持つやら…。
実際、番頭さん達が離れたら「足が遠退く」的な話しを常連さん達から耳にしているわけです。
さて、どれだけオリオンモデルズという名の店が続くかな…?

じゃあ、今日はここまで。

Amazon,"ホ"ーラーベアになってるよ…orz


人���������

One thought on “あけおめことよろ

  1. JJ

    ホーラーベア=穴に潜る熊=アナグマ=Badger=地底専用A.F.S
    次はコレでいこう。な。

    猫も杓子もなどというのは往々にしてあるわけで、それが世の常、人の常。