キットレビュー:Dragon He162D

Dragon/Trimaster
発売された時から欲しくて欲しくてたまらなかったHe162Dを購入。このHe162D,フォルクスイェーガーであるHe162に前進翼を取り付けたというゲテモノジェット機で、試作機が完成したとか数機量産された、とか噂が飛び交ってる代物。

キットはトライマスター/ドラゴンのHe162に新規設計の翼を付属させた物っぽい。 とは言え翼の合いはバッチリだった。凄いな。
途中まで組んでみて解った事は、タミヤのHe162はどうも部品の分割において大分このトライマスター版を参考にしてる臭い、って事。コックピット回りの分割なんかシートを除いたらほぼ完璧に同じだし。この形を再現するためにはこの分割しかないのかな?

他の部分のパーツの合いはそれなり。積んであるFw-190 with スリッパタンクよりよっぽどマシだけどね。

Dragon/Trimaster 5552 He162D -4
エッチング付き。エンジン部にも二枚程使用する事になってる。ちなみにエンジン内部を作るかは選択式。当然作らない場合はエッチングの出番もなし。

デカールはカルトグラフ。ただし、どうも旧版に入っていたデカールをカバーしているわけではないらしく、取説には指示があるのに存在していない物多数。ハーケンクロイツは当然入っていない。

とりあえず塗装は最近楽しいラッカー筆塗りでしあげるつもり。

普通のモデラー:★★☆☆☆(2)
ゲテモノ機好き:★★★★☆(4)

話は変わって、BlogModelersに加入させて頂きました。 腕はまだまだ未熟ですが、先輩諸兄、よろしくお願い致します。

じゃあ、今日はここまで。


人���������

2 thoughts on “キットレビュー:Dragon He162D

  1. あきみず

    はじめましてBMのあきみずと申します ドイツの関連したものと日本機が好きなのですか 私も同じで飛行機が好きで
    日本機が多いです タミヤのMe163小さいのに決まってます
    これからもよろしくお願いします。

  2. admin

    >あきみず様
    コメントありがとうございます。 私も日本機は大好きです。
    こちらこそよろしくお願いします。