ツェルトバーン

20061009180138.jpg

とりあえず一個頭の中で練ってるジオラマの構想に従って、
フィギュアを塗装してみる。
キット自体は例によってドラゴン製。
6057 German Grenadiers (East Prussia 1945)のB。
ツェルトバーンを野戦服の上から羽織り、
StG44とパンツァーファウストクラインを持っている勇ましい御仁であります。
装備品はタミヤに換装するつもり。持ってるStG44もタミヤのもの。
ヘッドに関してはキットが古いせいなのか、
典型的なドラゴンスマイルを浮かべているので換装する予定。
ウォーリアかレジェンドを使ってみようかしら。
タンキにはヘルメットカバーをかけているメットを持つヘッドが存在しないので、
今回は使えないんじゃないかなぁ。
あえてタンキなら独ヘッドセット6+1+SSカモヘルメットセット。
順当な所だとホーネットの唸る・喘ぐセット+メットだろうなぁ。

塗装は例によって例の如く例のアレ(ハンブロール)。
148(マットレドームタン)+64(マットライトグレー)の灰緑を下地。
26(マットカーキ)+64の茶色と224(マットダークスレートグレー)+64の緑で
箱絵と箱裏を参考に迷彩塗装。
33(マットブラック)+64で雨垂れを書き込んでフィニッシュ。
影付け等は薄めた33でやるつもり。

トライスターから4号潜水戦車が発売になった模様。
ちょっと欲しい。
ただ、その値段がネック。もう少しで高くなったパンターII買えちゃう。
ドラゴンはサイバーホビーでトライスターにぶつけてきたけど
今度はどっちに軍配があがるだろう。
個人的にはトライスターを応援したいんだけどなぁ。

とりあえず今はパンターDのガス駆動タイプが欲しい。
どっかに売ってないかなぁ。

じゃぁ、今日はここまで。
PS:更新サボってすみません。


人���������