シュマールツルムだけ置物にしたい


というわけでシュマールツルムのコーティングは完了。
直線面構成だから非常にやりやすかった。

以下備忘録兼テクニック
さて、ツィンメリットコーティングを1/35のキットに施す場合、
大きくわけて二種類が有名。
ポリパテにブレードで刻むか
エポパテにローラーか。
cutnipper的には、エポパテローラー式をオススメ。

ポリパテは確かに薄くて均一に仕上る点は素晴しいけど
自分の体験では
1 乾燥までの時間が短かすぎて大きな面積に施し辛い
2 パテの主剤と硬化剤の混ぜ具合を間違うと面倒
3 モールドが有ると大変

という理由で敬遠気味。
その点エポパテなら
1 ポリパテより乾燥までの時間が長いのでやりなおしが効く
2 基本的に混ぜ具合を間違う事がない
3 モールドを埋める/避ける事ができる

と。
ただし、エポパテを面に薄く均一にのばすのだけはテクニックが必要。
まぁ、すぐ体得できると思うけども。
コツは指に水を付ける事。小さな事だけど重要。
常に指がビショビショなぐらいで丁度良いと思う。
パテを伸ばしおわって
さぁ、いざコーティング、という段階で
ツィンメリットローラーにエナメル溶剤を付ける。
これでローラーにパテがくっつかなくなって成功率が上がる、はず。

というわで皆もレッツコーティング。
コツを掴めば大した事じゃないし。

じゃあ、今日はここまで。


人���������