Airfix Bf109E その5

デカールをモリモリ貼って行く作業が続いております。ドイツ機ってこのデカールを信じるならコーションマークで割と色々色調的にはウルさいよね、とか思うんですよね。ビビッドなオレンジとか黄色、赤のマーキングが多かったりして。 日本機のフムナ線とかもそうなんだけど、ドイツ機は元々塗装が再度低いだけにやけに目立つというか。そんな事を考えながらデカール貼ってます。本キットは物が流石に新エアフィックスの代物だけあって、デカールは天下のカルトグラフ。伸びるし馴染むし発色良いしやっぱり凄いなァカルトグラフ。

SDIM0644全景。まいど 思うんですけど胴体の帯をデカールにするならせめて左右で二分割にしてくれないかなぁ、と。微妙にテーパーかかってる三次元の筒にデカール貼るのシンドくない?シンドくない?シンドくないですがそうですか。

SDIM0637斜め上から。色クリアーによる嘘光源塗装が良い感じに映えてると思いませんか。

SDIM0640やっぱり1/48ぐらいあるとフィgチュアも塗り手があって良いなあと思うんですよ。この苦み走った感じの顔にエアフィックスをビリビリ感じる。

じゃあ、今日はここまで。


人���������