ウェザリング2

*七月十日:加筆



シュルツェン部に対してハンブロール110番を吹き付け。
土で汚れてるように見えるでしょ?

汚し塗装は大体こんな流れ
基本塗装→ウォッシング→デカール→ドライブラシ→
オーバースプレー

ウォッシングのレシピ
タミヤエナメルのセミグロスブラック+フラットブラウン。
これをハンブロールの溶剤で溶いて実行。
鉄壁。とりあえず色に困ったらこれで間違い無し。
基本塗装がハンブロールだから、溶け出してくる事はまず無い。
ただ、下地はエアブラシで吹いてて薄いから
エッジとかは吹き取り時にめくられてプラが見えてしまう事も。
そこで最初にラッカーの黒を吹いてから
基本塗装をすると、めくれたエッヂが黒くなるから
勝手にチッピング状態に。

ドライブラシはハンブロール148+34。
ハンブロールの伸びの良さと、
狙った所に色が付く性質を利用すれば簡単。

じゃぁ、今日はここまで。


人���������