[非模型話]Kiev 3 ウクライナ語刻印モデルを入手

      戦前から戦後にかけてドイツが生産したContaxというカメラがありまして。戦前戦後直後程度まではライカと並ぶようなポジションだったそうで。戦後そのContaxは生産設備人員共々ソ連に持っていかれ、キエフというカメラに名前を買え、崩壊間近まで作られていたそうです。その辺りの細かい事は他のウェブサイトにお任せするとして、そのKievの珍品を入手したよ、というお話。SDIM7350

      普通のキエフの刻印というのは、何種類かあるとは言えキリル文字の刻まれた物はКиевとなっております。ソ連が「ロシア」主導の連邦であった事を考えればまったくおかしくも無いのですが、いずれにせよコイツはロシア語の表記なわけです。ウクライナの都市なのに。で、今回手に入れたのが

      SDIM7351

      こちら。綴りはКиїв。КиевではなくКиїв。そう、大学時代に手前が命を削り胃を痛めつけながら学習したあの言語、美しきウクライナ語刻印版で御座います。キリル文字を使う言語は数あれど、現在їが一般的に使用されるのはウクライナ語だけ。なのでウクライナ語で確定。なんてワケのわからない違い。なんて微妙な違い。

      この刻印を子細に見ると、単純にеを潰してїに変えただけかと言うとさにあらず。иの字形、そこから次の文字への入り、そしてロゴ上を覆う飾り線、そういった物が全て変更されており、割に手の込んだ代物なのではないかという気が致します。Twitterで教えて頂いた情報によると、このウクライナ語仕様は烏-露統合300周年記念モデルで1954年頃の物だそうですが、ネットの情報によれば製造は1958から59年のようで

      固体としては向かって正面左距離計窓下に一点ダメージがある事、低速側シャッタースピードが明らかにおかしい事を除けば悪くなさそう。いずれオーバーホールに出してやりたいところです。

      じゃあ、今日はここまでう。


      人���������

      似たカテゴリーの投稿