ついに辿りついた其処は愛の国

この前言ってたアンドレアのフィールドグレイをついに購入。

P1000547.jpg

これ凄いよ。これぞ自分のイメージするフィールドグレイ。
田宮もグンゼも道を開けろ、って感じ。
メリットは
>発色が良い
鮮やか。 凄いキレイに仕上る

>隠蔽力が強い
下地の色をものともしない。 黒の上に塗れるよ

>乾燥が速い
水性だからかな? やたら速い。田宮のアクリル塗料の如く。

>完全に艶消し
超マット。これも田宮のアクリルと一緒かな?

欠点は
>売ってる所が少い
秋葉のイエローサブマリン以外で見た事無し。
有る所にはあるんだろうけどさー。

>高い
これ。これが一番辛い。一色315円。
タミヤカラーが90円未満で買えるというのに!
色揃えるのがやたら辛い。
ちなみに薄めるのはラッカー用の薄め液で大丈夫です。

んで、使ってみた。
P1000546.jpg
良い。塗ってる側から乾いていくけどね。
これとタミヤアクリルで完全にマットに塗れるですよ。
今回フィギュアの襟の部分を削り込み。
ちょっと見栄えがよくなる。ナイフ一本でできるんでお試しあれ。
んで腕も
P1000548.jpg
袖。
レジンキットみたいにはできないから、手首を切り離して掘る。
この後接着でちょっとリアルに。
今日中に完成する見込み。

それはそうと
P1000542.jpg
一人完成。”グレネードを寝転がって投げる”という珍しいポーズ。
これだけでジオラマになりそう。
gre-1.jpg

自己満足。写真をちょっと加工。当時の写真っぽくなった…のか?

じゃぁ、今日はここまで


人���������

One thought on “ついに辿りついた其処は愛の国

  1. ピピン@

    TITLE: こんばんは
    SECRET: 0
    PASS: b05426098f838e5344003ff59e023a65
    モデラー的今年の10大ニュースというネタを送っておきました。よろしければお答えください。

    アンドレアってタミヤでも扱っているヒストリカルフィギュアのメーカーなんですね。
    やはり餅は餅屋ということなんでしょうね。
    http://tamiyashop.jp/shop/default.phpのアンドレアのコーナーをみると近々タミヤも取り扱いを開始しそうな雰囲気ですよ。

    PING:
    TITLE: モデラー的今年の10大ニュース
    BLOG NAME: しなびたぶろぐ
    今年の10大ニュースということでできやん。SpAさんからトラックバックが回ってきました。Blog ModelersさんというサークルのKATO’S BLOGさんから始まったようです。こちらのサークルどう