2012年新年のご挨拶

    というわけで恐らく世界一遅い新年のご挨拶ポストで御座います。昨年度は祖父が逝き、喪中であった為何ら正月らしき事は出来ませんでしたが、何とか本年度は少しでも良い年になれば良いなと思っております。順当に逝けば今年で大学生活も終了であり、色々と転機となる年であるかとは思いますが、当ブログは相変わらずの調子で続けて行くつもりで御座いますので何卒宜しくお願い致します。

    さて昨年度に続き、アクセス解析で2011年をザックリ振り返ってみようかと思います。期間は2011年1月1日より12月31日。

    アクセス解析によれば2011年のユニークユーザーは9228人の31499ページビュー。新規訪問率が48.52%という事なので約半分が初見の方々という事であり、逆に言えばこのブログを見る内の半分の方々は二度と見てないって事よね。

    最も表示されたエントリは2008年7月21日付けの”Vallejo(ヴァレホ/ファレホ)による黒服塗装“でこれが561PV。実はコイツ2010年度の最多表示エントリ第二位でもあるので二年連続ランキング入りという事に。珍しく真っ当なステップバイステップ形式に近い形だからなのかな?

    キーワードで言うと”カラーモジュレーション”で来た方が298人、”Krondike フィギュア”のダブル検索で来た方が212人、”ハンブロール”が137 人という所。全体的に検索キーワードはバラケているかな。

    昨年一年で書いたエントリは22本。2010年が45本(そのうち15本が2010年1月の物)である為に約半分ととても情けない結果に。というか2010年一月が異常なだけかしら。

    というわけで2011年はエントリ数の低下が著しく目立った一年でありました。

    それはさておき、もう二ヶ月以上前の事になりますが、年末年始の二週間程日本に帰国しておりまして。2年程日本の正月を体験してなかった身としては大変楽しく、又あの見慣れた町並みがどこが厳粛な雰囲気に包まれる正月の雰囲気を満喫して参りました。

    さて折角そんな時期に日本にいるのだから、何か普段出来ない事をしようと。そして何より王党派(立憲君主派)を自称して憚らぬ身として、政治学専攻学生の端くれとして、是非に「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」たる天皇陛下と皇族方の御尊顔を拝して来ようと思いまして、皇居の一般参賀に参加して参りました。

     

    Yu-Raku-Cho

    割とウロウロする事の多い東京駅周辺のオフィス街も、正月という事で人手もまばら。天を衝くが如き摩天楼に人がいないという光景はどこか不気味な気もあり、美しくもあり。特に対して高層ビルという物が存在しないカナダで過している身としては、どこか不思議な気分になりました。

    それにしてもビルの脇に日の丸が並んでいるのを見ると、何とも素敵な気分になりました。メープルリーフ旗が美しい事には何の異存も無いのですが、矢張り手前の属する所は、国は、このシンプル極まる日の丸の旗の下なのだな、だとか、そんな下らない事をツラツラと考えながら、東京の中心ど真ん中たる有楽町の町並みを歩くというのは、中々に刺激的で、正月に日本に帰った価値があったな、と思わせるのに十分でありました。

    046

    皇居前の広場から東京駅周辺方面を眺めて一枚。この摩天楼の姿の美しい事。右下に小さく写っている白いテントはセキュリティチェックの場所で御座います。鞄の中身とコートのポケットを全部チェックされました。普段ポケットに山程物を詰め込む悪い癖がある為に大分難儀をする破目に。ただ個人的な感想で言えば、仮にも皇宮に我々のような一般人を入れるのだから、もっと厳しくしても良いのではないのかな、という気分にはならざるを得ませんでした。普段空港のセキュリティチェックを経験してるからなんだろうかしら。靴脱がせるとか金属探知機置くとかぐらいはしても良いんじゃないかなぁ。だって皇宮よ。都庁じゃないんだから。

    まぁその後はゾロゾロと皇宮に入り、天皇、皇后両陛下と皇族方の御尊顔を拝して参ったわけです。天皇陛下が御言葉を我々に向けて下さったのは何とも感動。いやあ、良い経験で御座いました。

    皆も行くと良いよ、一般参賀。

    じゃあ、今日はここまで。


    人���������

    似たカテゴリーの投稿